mearinつぶやき日記

手芸や家族のこと好きなことつぶやいてます

富士登山 下山編

f:id:mearin:20190917162234j:plain
ご来光を拝めた後は下山!
行きは10時間くらいを掛けて登ってきたが、下山はその半分くらいでおりることになる。
朝の6時前、フラフラしたまま下山スタート!
景色は最高で下界は雲海に包まれていた。
これだけの雲海も珍しいとガイドさんも絶賛した!
1週間で4日も富士山に登るガイドさんが言うんだから間違いない!
だが、下山は辛い…
足の負担が半端ない。
砂場を永遠に滑って降りていく感じで、みんなあちこちで転倒しながら降りていった。
具合も良くならず、途中で又嘔吐しながら、いつか楽になると信じてモクモクと歩くのみ!
高山病の吐き気だとすると下山して行くと楽になるとガイドさんが教えてくれたのが唯一の救いの綱だったから…
ガイドさんも「下山が1番体に負担が大きくて特に膝に負担が凄いから年取ったら私の膝はヤバイ事になる」と話していた。
そして下山の時は快晴で暑い…
頂上では防寒していものを休憩の度に脱いでいく感じだった!
そんなこんなで8合目まで降りてきたら体調が急に良くなった!
やはり軽い高山病だったようだ…
私が回復したのと引き換えに…旦那さんがジワジワと歩くのが遅くなってきた。
膝が痛いらしく辛そうに歩いていた。
私も回復したので旦那さんが二人分背負ってくれていたザックを息子にお願いして、私もザックを背負った。
ガイドさんの後ろで歩いてもどんどん遅れてしまうので、ガイドさんのアドバイスで後ろ向きに降りていく方法を試してみた。前を向いて下りるよりも数段早く進んだ!
でも、なんせ後ろ向きなので見えない石に注意しながらなので、まだまだ遅い。
そんな歩きをしていたら、急にツアーにいた一人のアメリカ人がジェスチャーで自分のストックを差し出して貸してくれた。
初めは旦那さんも遠慮していたが、背に腹は変えられない、借りることにした。
借りたストックはバネが内蔵されていて付いて歩くのに負担が軽減されるスグレモノだった!
アメリカ人はカリフォルニア大学の教授で日本語は全く通じないので一緒に居た日本の大学の教授が通訳して教えてくれた!
そのストックを使って少し楽に歩ける様になった。
途中で娘を呼んできて、そのアメリカ人教授に英語でお礼を伝えてもらった!
娘が言うに、教授はバイオ化学の先生らしい。
こういう時に英語が話せる娘が誇らしかった!!そして羨ましく思った!
辛く長い下山道が永遠に続き、みんなヘロヘロだった!
さらに砂埃が半端なくてマスク😷は必須だった!
絶対にマスクはしない旦那さんさえ耐えきれずマスクを付けた程だった。
しかも、そんな砂埃が立つ下山道を走って下りる外国の人…大迷惑だわ!
砂埃が倍増するので勘弁して欲しい。
やっとの事で7合目まで来た、そう馬🐴の地点!
旦那さんの膝は限界を超えていたので頼みたいところだったが、運命のイタズラが…
財布を持たずにSuicaと現金しか持って来なかったにもかかわらず、Suicaに子供たち二人に一万円ずつチャージしてしまったのだー!!
なので残りのお金が三万は足りず…馬は断念するしかなかった…
それでも6時間近く掛かってようやく5合目まで帰ってこれた!!
バンザーイ!!
何故か旦那さんはアメリカ人教授に写真を撮ってほしいと言われて笑顔で写真を撮られていた(笑)
さて、この後は温泉だーー!

富士登山 頂上アタック

仮眠が取れないまま、いよいよ頂上アタックの時間になってしまった!
夜の11時半、真っ暗の中、ツアーの皆が防寒して集まって来た。
頭にはヘッドライトを付けて(何だか工事現場の団体に見えた)
点呼をしたが数人はここで減っていた…
これ以上の登山は無理と判断して数名は山小屋で待ち、下山してくるまで待機らしい。
気温は10℃くらいかな?。ユニクロのライトダウンを上に着て丁度良い感じだった!
ヘッドライトを頼りに1歩ずつ岩場を登って行った。
もちろんガイドさんの後ろ近くをキープしていた。
8.5合目の山小屋で休憩していたら、「この先はどんな事があっても引き返せません。」と忠告された…
迂回路が無く一方通行の登りのみだからだそうだ。
ふーん。っと気軽に聞いていた自分だったが後で後悔することになるとは…
少しのパンをかじり水分補給を済ませ再び進んで行った。
登山道が人で渋滞して光っていた。
真っ暗の中、休憩した場所でガイドさんが「今夜は流星群なので流れ星が見えますよ」と教えてくれたので空を見上げてみたら、なんと!!流れ星🌠見れたー!!
満天の星に流れ星🌠感動的だった!
日本で一番高い山での星は格別!
写真に残したかったが星空ほど肉眼で見るのと写真とは違い過ぎるのが分かっていたので諦めて目に焼き付けた!
ヘッドライトを頭に付けて登山していると孫悟空の気持ちが分かる気がしてきた(笑)
頭が締め付けられて窮屈で嫌になって首に掛けて登山することにした。
頭の締付けから開放されて楽になったと思っていたら、段々目が回ってきた…
酸素が薄いからなのか…
首にヘッドライトを付けたことで明かりがユラユラ動いて目が回ってしまったのか…
途中の休憩で全て嘔吐してしまった…
ヤバイ…嘔吐すると体力の消耗が半端ない。
しかも水分は取らないと高山病の危険が増すし…
旦那さんが私の分のザックを自分のザックに入れて2個担いでくれた。
体力的にかなり救われた!
ありがたき幸せ。
しかも、9合目からは更に登りはキツく死にものぐるいで登り切った!!
体力の限界に達していた。
山頂に着くと山小屋で休憩したが私は死人のようだった。
しかも…お腹も痛くなり下痢してしまった。散々な体調だった。
元気なら写真撮りまくりの頂上なのに…
休憩後、いよいよご来光の時間が近づいてきた!
1番小高い所まで行き、家族でご来光を眺めた!
体調には恵まれなかったが天気には恵まれた登山だった!
朝焼けからのご来光は素晴らしかった!
f:id:mearin:20190917154532j:plain
f:id:mearin:20190917154700j:plain
丁度ガイドさんが近くに居たので家族の写真を撮ってもらった!
ご来光をバックにすると顔が真っ暗だったので、逆にご来光を浴びてる家族写真を撮ってもらった!
最近、家族写真を撮っていなかったので素敵な写真が撮れた!
みんな疲れてるのに良い顔した写真だった!
ご来光を眺めた後は、お鉢(火口)を見に行った!
f:id:mearin:20190917155029j:plain
お鉢巡りをするには更に1日掛けないと回れないらしい。
さあ!これから下山だ!
体調不十分だけど何とか生きて帰るぞー!!気合だー!
帰宅後、数週間してニュースで9合目付近での落石で亡くなった人が居ると報じていて、ゾッとした。
私達が登っていた所じゃないかー!
無事に帰宅出来たことにホッとした。

富士登山 8合目山小屋〜

f:id:mearin:20190915141613j:plain8合目の山小屋「太子館」に到着したのが5時ころ、着いて直ぐに今夜の仮眠場所に案内された。
太子館は富士山の山小屋では綺麗で大きい方らしい350人が宿泊出来るそうだ!
宿泊と言っても寝袋と小さな枕がある2段になった板張りのスペースで横一列が20人くらい、1人は畳半分くらいになるのかな?広いとは言えないけど、荷物をそのスペースの棚に置いて、男女同じところで寝る。
我が家は家族なので同じところに4人分。たまたまスペースの一番端になった!
荷物を置いたら下の食事する部屋に行き、夕飯のカレーを食べた!
f:id:mearin:20190914234622j:plain
ゴザが敷いてある板の間に宴会で使うような折り畳みの長机があって、そこにカレー、ごはん、ウィンナー、レンコン、福神漬け、サバ、ゼリー、和菓子があった!ご飯は別に、おひつにもあって男子達は足りないのでおかわりしてたわ。お茶もヤカンに入っていて飲み放題だった!
運動した後の食事は美味かったー!
標高が高い山小屋では調理に時間が掛かるらしく、圧力鍋を使って調理しているらしい。なのでカレーなのだ!
夕飯が終わったら朝食用にパン🍞と炊き込みご飯と水が配られた。炊き込みご飯は板状の袋に入ったやつで既に暖められていた。これを後で頂上で食べてもよし、休憩の時に食べてもよいらしい。
そして、もちろん、山小屋なのでシャワーも浴びれず、歯磨きも出来ない。顔を洗うことも出来ない…出来ないことだらけ…
しかも…全く眠くない(笑)
あんなに疲れていたのに…
雑魚寝では寝られない程ナイーブだったのかしら…(笑)
そんな中、息子は爆睡…さすがだ!大物になるな!
息子以外は誰も寝れず…仕方なく山小屋の外へお散歩!!
ずっと登山靴を履いていたから、便所サンダルが快適に感じた!
でもサンダルは本当に外のトイレに行く人の為に山小屋が用意してある物で、幾度となく「トイレ以外で履いてる方はお返し下さーぃ」と注意された…
けど、ひるまないで履いたまま外で写真撮影していた!
丁度夕日が沈む時間で夕焼けの空が綺麗だった。
f:id:mearin:20190915141702j:plain
下には山中湖や河口湖が見えて雲海も!神秘的な光景だー!
これは登らないと見れない貴重な体験だった!
何度も寝ようと寝床でチャレンジしてみたが結局一睡も出来なかった!
既に日が沈み星空に変わった。
ヤケクソで星空を見に又外に!
いやー、寝なくて良かった!
これこそ満天の星🌟
今まで生きてきた中で1番の星空だった!
天気に恵まれて最高の夜になった!
さて、そんな事をしているうちに出発時刻の11時半になった!
またフル装備の準備をして、今度は夜中で真っ暗の中の登山なので防寒をして、手袋してヘッドランプをつけていざ出発!!

富士登山5合目〜

5合目からいざ、出発!!
歩き始めようとしたスタート地点の横に馬🐴がいた!
ん?馬?何で?
ガイドさんに聞くところによると、下山で疲れ果てて7合目から馬に乗って降りれるらしい(笑)6合目でも待機しているみたいだが、なんと…7合目から馬で降りる料金『三万円!!』
「もしかして、帰りに頼むかもね〜」なんて冗談言いながらのスタートでした!
5合目から6合目までは木陰の中を歩く感じでとても快適、登山なのに少し下り坂なのが不思議な道のりで1時間程で6合目に到着!
途中、下山してきた人と大勢すれ違ったけど、皆疲れ果ててた…私達はまだその恐ろしさを知らないでいた。
休憩は大体30分おきに取るペースで無理ない感じでこの時は余裕すらあった!
休憩では、水を飲み、固形物を摂取する、荷物を下ろすを繰り返した。
我が家は固形物と言っても、塩飴とグミしか持参していかなかったけど、他にもウェダーインゼリーやチョコとか色々持って行くべきだったと後悔した。
そして水は1人2リットルは持ってとガイドさんに言われたがさすがに重いので500ml1本しか入れず途中の山小屋で買い足しする事にした!
値段は相当高く付くが重いのを持ち歩くよりマシ!!なんせ体力無いので…
ここはお金で解決するのが1番!
そして入山料金1000円も6合目で徴収する小屋があった!
私達はツアー料金に含まれていたので払うことは無かった!
この小屋に無料で貸し出しているヘルメットが置いてあったが誰一人被って登る人は帰りまで一人も見掛けなかった!
6合目から7合目までは木が無くなり背の低い高山植物だけになってきた。
f:id:mearin:20190912232219j:plain
そして細かい砂利道で凄く歩きづらい…何だか呼吸も荒くなって来てしんどい時間が続いた…「呼吸が苦しくなってきたら大きく深呼吸しながらゆっくり進みましょう!」と言われて深呼吸しまくりだった!
ガイドさんの真後ろを歩くと一定のテンポで進んでくれるので非常に楽に感じた!もう若くないのでオバサンパワーでガイドさんの後ろをキープしたわ!(笑)
7合目から8合目までは岩場が続いていた。

砂利道よりも私は岩場の方が楽に感じた!ガイドさんも「次はこの岩を登って」とアドバイスを的確に出してくれていたのでかなり登山が楽しいと感じはじめた瞬間だった!
岩場はストックを持っていると岩を掴みにくいので、ザックの横に短くしてしまうことにした。
f:id:mearin:20190912233000j:plain
7合目で標高2800メートル!
途中、山小屋でオニギリ🍙やバナナ🍌を買って食べたり、SOYJOYをツアーでもらったのでそれを食べたりした!

そんなこんなでやっと8合目の山小屋に到着!!誰一人リタイヤする人はいなかった!
昼の11時半に出発して5時頃に到着したので予定通りの登山になった!

第一の目標地点だったので物凄い達成感があった!
f:id:mearin:20190912234136j:plain
8合目で標高3100メートル!
もうここが頂上でも良いんじゃないかと思えてきた!🗻
既に雲の上!ここで今夜は仮眠を取って夜中に頂上にアタックする。
ご来光が見れるのでしょうか?🌄

一生に一度は富士登山🗻準備編


f:id:mearin:20190828151909j:plain富士山🗻ラブ💓だけどいつも遠くから眺めるだけで満足していた私。

けど、いつか登ってみたい!!

けれども…毎日車でしか行動してない私は体力に自信が無い…
そして既に若くもない…
不安しか無く躊躇していた。

でも初心者でもツアーなら大丈夫かも?と思い直し、今年の夏、意を決してみた!!
みんなも乗り気なので家族4人で久し振りの旅行気分♪

はとバスツアーが1番良さそうだったので早速予約!
レンタル登山グッズなる物があるらしく、全く登山経験ゼロの私達は王道の6点セットをレンタルすることにした!
これが後に必須だったと実感することになる。

f:id:mearin:20190828151314j:plain
登山靴
レインウエアー
ザック
ストック2本
スパッツ(裾を砂埃から守るやつ)
ヘッドランプ(夜中の登山のため)

どれも二度と使わないだろうと判断してレンタルに、4人分で30000円にもなった!(・_・;)
まあ買い揃えたら恐ろしい金額になるからこれでも安いのかな?
宅急便で荷物が自宅に届き、サイズなどを試し確認してOKならそのまま。
サイズが合わなかったら電話すれば別のサイズが無料で送られてくる仕組み。
登山靴も履いた事無いみんなだが、到着して早速試し履きして大丈夫だった!
返却は帰宅後の翌日に同じダンボールに詰めて入ってた着払いの用紙を使って返却すればOK!汚れたまま返却出来るので安心だ。

さて、行程だが、新宿のバス乗り場まで電車、そこからバスで富士山五合目へ(昼食自由)
5時間掛けて八合目の山小屋まで行き夕飯後仮眠。
夜中11時過ぎに山小屋出発し(お弁当配布)5時間掛けて頂上まで登りご来光!
そして5時間掛けて下山。
下山後には山中湖の温泉に入れる(昼食自由)
バスで新宿まで。の流れ。

朝、ピーカンに晴れていた!夏だもん当たり前か(笑)
慣れない登山靴と案外重いザック。新宿までが遠い道のりに感じた!
夏休みだし、登山だけではなくて色んなツアーが30分おきに出発していた!
同じツアーには32人参加!
登山ガイドさんは若い女の人!
はとバスツアーのガイドさんも登山同行してくれたのでガイド2人居て安心!
はとバスは結構ゆったりした座席で快適!
お土産にバンダナとミニ金剛杖、お菓子のSOYJOYポカリスエット1本などが配られた!

五合目に到着!気温25℃!真夏でこの涼しさ!さすが既に2300メートルの標高!下界は35℃とかなのにね!

ロッカーに帰りの風呂道具や着替えなど登山に関係ない物を入れて少しでもザックを軽くすることにした!

そして定番のラーメン!こんな時はラーメンが1番!手早く食べれてロスタイム無し!
そして無料のトイレへ並んで済ませた!
富士山のトイレは基本有料(知らなかったわー)
水が大切なので、標高が高くなるにつれてトイレ料金も値上げされ、頂上では300円!
水の大切さを知りました!!

登山ガイドさんに必須荷物のチェックをされて足りない人はレンタルショップにて即レンタルしてくるように言われて万全の装備で登山出来るようにしてくれた!
我が家は王道の6点セットが必須で揃っていたので大丈夫でした。

でも周りを見ると着ている服装が登山ベテランですって人達ばかりに見えたが、ガイドさんに聞いたら初心者ばっかりらしい(笑)見た目では分からないわ…
日本人って格好から入る人多いからね…

11時半!
さあ!いざ富士登山出発!!!!

初めての上海旅行夜景編


f:id:mearin:20171119222048j:plain



f:id:mearin:20171119223253j:plain



f:id:mearin:20171119222255j:plain



f:id:mearin:20171119212336j:plain

上海に娘が留学しているのをチャンスと思って、15年振りに飛行機に一人で乗り上海に行って来ました!
まず、一人で飛行機に乗った事が無い…
と言う不安を抱えいざ空港へ!
羽田空港での搭乗手続き、機械で簡単に出来ると聞いていたのに機械には張り紙がしてあり手荷物預けの列には長蛇の中国人…
リュック1つの私はまずオドオド…
係の日本語分かる人に聞いてやっと隅っこの列で搭乗手続き完了!
その横でスーツケース広げてフライパンとかハンドソープを詰め込み直してる中国人がいた(笑)
チケットGET出来たら一安心!
羽田空港の中をぐるっと一回りしていざ、出国審査へ!
リュックだけだからスルーもいいところ、あっという間に終わり。
時間だけが余った…
仕方無いので、出発前にお土産買うことにした!(笑)
そんなウロウロしていたら高橋真麻がロケしていたわ!偶然!
本屋で立ち読みしてる横に来た!
一応スルーしてあげた!😁
芸能人も大変だもんね!うん!
時間になり飛行機に乗り込むと、私の席、非常口の横(CAの目の前の席)足元は広くて最高だー!って喜んでたらイケメンのCAが来て中国語で説明し始めたけど分けわからん、英語も分からないからお手上げで、仕方無く…イケメンCAは
「デンジャラス、ドンタッチ」って言ってくれてやっと理解出来たわ。やれやれ…悲しい語学力の無さを痛感。
外の景色も晴れてて奇麗だからスマホで写真撮ろうとしたらCAに怒られた…スマホ使っちゃ駄目らしい。
出入国の紙にホテルの名前書こうとスマホ見ようとした時も怒られて書けなかった…面倒くさいね。
そんな事をしているうちに日本列島から中国大陸に横断し始めて急に飛行機が揺れ始めて…
酔い止めの薬を飲んでいたのに嘔吐してしまった…
旅のスタートがグロッキーからかー、悲しくなった…
何とか着陸する頃には回復して歩けるようになったので助かった!
入国審査で指紋を取られ、入国審査の紙も途中までしか書いてなくて審査官に怒られた…散々だ…
でも2ヶ月ぶりにむすめに会えるー!
出て直ぐに娘が居たー!
良かった無事に会えて!
なんせ、スマホ使えないから。
トラベルCIM買おうとしたけど売ってなくて諦めたわ…、
虹橋空港から地下鉄で豫園駅まで乗って行ったけど、まず安い!
たしか4元くらい。100円もしない。でも手荷物検査あるー、検査する人、全然見てないー(笑)
上海の地下鉄は分かりやすくて1号線から12号線とか番号になっているので良い!
しかも乗り換えは足元に何号線って色別に塗ってあって便利!
これなら私でも一人で乗れるかも?って思えたわ!
ホテルが地下鉄の出口から1分ってなっているのに、聞いた人が違う道を教えてくれて遠回りしてやっと到着!
やれやれチェックイン!って思ってパスポートとか出したら、娘がパスポートを寮に忘れて来て困った…
でもフロントの人が優しくてスマホで撮ったパスポートの写真でもオッケーって言ってくれたので無事に部屋に入れました!
今回は奮発してスイートルーム!
角部屋で外灘と豫園の夜景がバッチリの素敵な部屋でした!
上海は夜景が素敵!
外灘の夜景、ライトアップした街並み、豫園の建物ライトアップ!
どれも癒やされました!
豫園で人気の小籠包の店にも行って階が上がる毎に高くなるって聞いてたから3階まで行って注文しようとしたら、もう3階は閉めたから駄目って言われて渋々2階に…注文出来たのは良いけど席が空かない…やっと座れて小籠包を堪能出来ました!
そんな上海の旅のスタートでした!

南京路へ 上海留学③

f:id:mearin:20170921161918j:plain
上海に着いてからまだ学校が始まるまで自由時間らしく、南京路まで出掛けて楽しんだみたい。
寮からは電車で4駅位で着くらしい。銀座のホコ天みたいな賑わい。



f:id:mearin:20170921161746j:plain





f:id:mearin:20170921161702j:plain


アイスから煙が出てるー(笑)
窒素で冷やして作ってるアイスなんだそうだ!
日本でも話題になってたやつだ!
しかもデカイ!!

そこからバスに乗って海辺へ


f:id:mearin:20170921162140j:plain

これって!上海と言えばー!ってところだー。
楽しんでるみたいで安心だ!
バスは一元、電車も4元位だったらしい。移動代は安いから又週末出掛けるのも良いね!